クレジットカード国際ブランド5種類の魅力と特徴

特定の国の中でしか使えないクレジットカードがある


クレジットカードは、すべての国で共通して使える、又は日本でしか使えないと思っている人は多いと思います。
これは、両方とも当たりであり、外れでもあります。
日本国内でしか使えないクレジットカードのブランドもあれば、世界各国で使えるクレジットカードのブランドもあります。
日本ではほとんどありませんが、実は外国ではその国でしか使えないクレジットカードというものも発行されています。
日本では国際ブランドが中心になってクレジットカードを普及させてきたために、どのクレジットカードも海外で使えるのが当たり前になっていますが、それは珍しいことなのです。

世界で使える国際ブランドは5つのみ!

海外が身近になっている今、クレジットカードの国際ブランドを知っていると色々と便利です。
世界にまたがって使えるクレジットカードはJCB、VISA、Master、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブの5種類となっています。
広告やCMなどの媒体で見る機会が多く、ほとんどが聞いたことがあるブランド名です。

国際ブランドの特徴

JCBカードは日本で唯一の国際ブランド

JCBはこの5ブランドの中で唯一の日本のブランドです。
日本国内ではほとんどのお店が加入していますが、海外では使えないところもあるので注意が必要です。
ただし相互提携する現地カード会社が増えてきたために、じょじょに普及が進んでいます。

VISA、マスターカードは世界で最も使われているクレジットカード

VISA、Masterは、世界的にもたくさんの人が所有しているカードの国際ブランドです。
二つのカードの違いは特にありませんが、VISAはアメリカで多くみられ、Masterはヨーロッパ圏で多くみられるようです。
ですので、この二つは持っておくとほとんどの国を網羅できます。

アメックスとダイナースクラブはトラベル&エンターテインメント

アメリカンエキスプレスとダイナースクラブは比較的裕福層向けのブランドとなっており、加入者向けのサービスも良いことで知られていますが、加盟店はあまり多くないようです。
クレジットカードの国際ブランドをよく理解しておけば、海外でお買い物をするときに本当に便利です。
最近のクレジットカードは、カード会社によってはマイルがついたり、ポイントがたまったりとお得なカードもたくさんあります。
海外旅行や大きいお買い物以外にも身近な公共料金の決済などでも利用できますので、賢く使いたいものです。